産業看護師として働くには

看護師としてのキャリアを生かした転職先

「産業看護師」とは、病院などの医療施設ではなく一般企業の医務室に勤務をする仕事のことです。
雇用はその企業に勤務する社員という扱いになるため、勤務時間帯が会社員と同じとなり、社会保険や福祉制度を利用することもできます。

ただし勤務をする人数がかなり限定されており、一社につき一人、もしくは各支部に一人ずつといったような形になります。
会社によっては勤務医がいてその補助役となることもありますが、概ねは看護師のみで勤務をしていくことになります。

就業するためには当然看護師としての資格が必要になりますが、それとともに過去どのように看護師として経験を積んできたかということが重要になってきます。

というのも勤務をする人数が少ないため自分自身で判断をしなくてはならない場面が多く、経験不足の看護師では必要な業務の遂行ができないためです。

企業側もできれば優秀な看護師さんにいてもらいたいと思うため、幅広く求人を出すのではなくしっかりと職能が備わっている人に絞って人材を探すということがよくあります。

そのため普通にハローワークや求人情報で探しても産業看護師の募集を見つけることはほとんどありません。
産業看護師となるためにはまずは着実に看護師としての勤務経験を積んでいくとともに、厳選求人情報を得やすい人脈作りが重要になってきます。

ナース向け人材求人サイトに登録するのがおすすめ

産業看護師として就職をするために最も確実なのが、人脈によるコネクションを利用するということです。
大学病院に勤務をしてきたり、地域の看護活動に積極的に参加をしていくことで看護関連業界の知り合いを増やしていくと、産業看護師の欠員が出た時に推薦をしてもらうことができます。

しかし円満退職ができる職場であるならともかく、前の職場を抜けるとなったとき強い引き止めにあっているような場合にはスムーズに求人紹介をしてもらえないということも考えられます。

また結婚のために遠方に引っ越しをすることになったり、子育てのために退職して数年ブランクがあるという場合も一からコネクションを作るのは難しいでしょう。

そうした時に便利なのが、地元に強い看護職の人材紹介サービスです。
看護師の仕事はここ最近慢性的な人材不足となっているため、過去に経験のある優秀な看護師さんを求める施設はかなり多くあります。

そのためあらかじめ自分の経歴や得意分野を詳しく登録しておくことにより、限定求人からのオファーを受けることができます。

看護系の人材紹介サービスは現在かなり多くの企業が参入しているので、まずは複数のサービスに登録をしてよい求人がないか探してもらうのがよいでしょう。