フライトナースってかっこいい

救急医療の最先端業務「フライトナース」

看護師の仕事の中でも特に変わった仕事と言えるのが「フライトナース」と言われるヘリを使った看護活動をする看護師です。

今全国では自然災害や過疎地などでの医療活動に対応できるよう「Dr.ヘリ」と呼ばれる医療スタッフを現地に運ぶ救急用ヘリコプターが配備されています。

フライトナースはそうしたDr.ヘリに乗り込み、救急車のように空から現地に向いそこで救急医療の仕事をしていきます。

フライトナースとなるには専門の施設からの求人に応募することが必要なのですが、このとき看護師免許以外にいくつかの条件を出されることもあります。

施設によって出される条件は異なりますが、一般的には「看護師の経験が5年以上あり、かつ救急医療の勤務経験があること」「自分の体が健康であること」「JPTEやACLSなど救急医療の資格があること」といったものがつけられます。

フライトナースは看護師のエリート

フライトナースは必要最低限の医療器具だけを持って現地に行き、場合によっては一度に多数の人の看護をしなければいけないという大変な仕事です。

そのため新人や経験の浅い看護師が抜擢されるということはまず絶対になく、大抵は十分に経験がありかつ病院などから優秀と認められた人に直接オファーがあるという形になっています。

ある意味警察官における白バイ隊のような、看護師の中のエリートという存在になるかもしれません。

看護・医療技術だけでなく体力と精神力のタフさも求められる仕事なので、女性として抜擢される人となると相当にすごい看護師としてのスキルがある人なんだということがわかります。