日勤で働く看護師のメリットとデメリット

夜勤をしないという看護師の働き方

看護師の仕事といえば夜勤がつきものというイメージがあります。
看護師資格者が最も多く勤務をするのが病院施設であるため、新人として入ってきた若い看護師さんたちは夜勤を優先的に行うことになっています。

夜勤シフトは特別に「夜勤手当」がつくことになっているので、一ヶ月に多く夜勤に入るようにするとどんどん給与額は高くなっていきます。
しかしその半面で夜勤業務は生活のリズムが狂いやすく、長く続けると体力を多く消耗してしまうという欠点があります。

結婚をして家庭を持った女性にとってはそうそう夜勤に入ることができなくなってしまうので、看護の仕事は続けたいけどやむにやまれず退職を選んでしまうということもあります。

そこで看護の仕事をより自分のペースでやりたいという人が選んでいるのが「日勤看護師」という働き方です。
日勤のみの看護師業務は夜勤業務よりも給与額が平均的に安くなるというデメリットがあるものの、生活のペースが保ちやすく長く続けることができるというメリットがあります。

定年まで看護師として働きたいという人の多くが日勤看護師を選んでおり、比較的心身に負担をかけない看護師としての仕事と言うことができます。

日勤看護師として勤務できる場所

しかし日勤看護師はどの職場でも可能というわけではありません。
よくあるのが病院に就職するときに日勤のみを希望していた看護師さんが人手不足を理由に夜勤にも入るように言われるというケースです。

もちろん断ることもできますが、夜勤が必要な職場において自分だけが日勤のみで働くということは周囲の目や職場の雰囲気により相当難しいというのが現状です。
そこで気兼ねなく日勤のみで勤務をしていくために、そもそも夜勤のない仕事に就くということがすすめられます。

具体的には入院病棟のない小さな診療所やクリニックへの就職です。
介護施設でも入所者のいないデイサービスを行う施設では日勤のみの勤務が可能です。
他にも地域の福祉施設の保健室や、民間企業の社内医務室に勤務をする場合も夜勤を求められることはありません。

病院以外の施設においては求められるスキルが医療機関と異なるため、未経験で採用されることはあまりまりませんが、既に病院などで十分に臨床経験がある看護師さんなら求人を見つけることは難しくありません。

ただ一般的な傾向として、日勤看護師のみの職場は基本給が病院などの夜勤ありの施設よりも低めに設定されています。
夜勤をバリバリ入れていた頃には月40万円近くも得ていた収入が、日勤のみになった途端に20万円程度になってしまったということも珍しくありません。
時間をとるか、お金をとるかで看護師としての働き方を考えてみてください。