看護師のキャリアアップとは?

看護師はキャリアパスを描きやすい仕事

看護師は少しずつ男性も増えてきているものの、まだまだ「女性の職業」という印象が強い業務です。

看護師職は一般的な会社員と比較して給与水準の高い専門職であるということが大きな魅力ですが、同時に将来のキャリアアップ方法が描きやすいというところもまた大きな特徴と言えます。

女性の場合は結婚や出産を経験するとそこで一時キャリアが中断してしまい、思うように仕事を続けることができないということもよくありますが、看護師においてはキャリア中断がそれほどキャリア形成に影響することがなく、継続して自分の働き方を考えていくことができます。

看護師のキャリアアップの方法を大きくまとめると、「看護師としてのスペシャリストを目指す」「保健師や助産師など上位資格を取得して転職する」「大学や研究機関、教育機関に入る」「独立開業する」といったことがあります。

私の知り合いの中には看護師という国際的に通用する技能の強みを生かし、語学を勉強して発展途上国の医療活動に参加しているという人もいたりします。

自分次第で活躍の場所をどんどん広げていけるというのは専門職ならではの強みといえますね。

看護師のスペシャリストになるには

看護師の仕事を本職として長く続けていきたいという人が多く選ぶのは、やはり看護師のスペシャリストである「認定看護師」や「専門看護師」を目指すという方法です。

認定看護師や専門看護師は看護協会が認定する特定分野の専門職であり、認定を受けることでその分野において独自の判断で仕事をしていくことができます。

通常の看護師業務では医師の指示がないと自由に動くことができないのですが、専門看護師や認定看護師となると自分自身でできる業務範囲が一気に広くなるので、管理職になるにも訪問看護などを行うにしても大変便利です。