看護師の退職理由

看護師の退職に関する本音と建前

看護師は他の職種に比べて離職率が高いことがしばしば問題になる仕事です。

これは看護師という仕事が体力的につらく、また人手不足の現場に勤務することにより一人ずつの負担が大きく休みをとることができづらいといった職場環境の問題が関係しています。

そのためほとんどの病院や診療所では退職の意志を示した看護師は過剰に引き止めを受けます。

そこで「ただ辞めたい」というだけでは納得してもらえない病院側を説得するため、周囲に反論されづらい理由をあらかじめ用意してから退職の意志を告げるということがよく行われます。

引き止めされにくい退職理由としては「自分の結婚・出産」や「家族の転居」「家族の介護」といったものがあります。

引き止めをする側は「今辞められると人手が足りない」ということを理由にとどまるように説得をしますので、それをどうかいくぐるかということが転職したい看護師にとっては難しい問題になります。

本音はやっぱり「人間関係」

しかし実際に転職を希望する看護師にとって1番の理由となるのは上記のようなことではなく、看護師という仕事そのものに対しての不満であることがよくあります。

女性が多い職場であるということもまた、仕事をしているときに人間関係のもつれを作りやすい原因になってしまいます。

新人の時期には人手不足の現場で働くとなると、わからないことがあってもそれを尋ねる人がおらず、悩みを一人だけで抱えてしまったりもします。

看護師としての仕事をよりよいものにしていくためにも、看護師として働く私達一人ひとりがお互いにとって働きやすい環境を作っていくことが大切なのでしょうね。